NextSeqシリーズのシステム仕様

リード長の選択と複数の出力設定が可能な高精度シーケンスパフォーマンス

NextSeqシリーズ仕様

NextSeqシリーズ高出力キット* NextSeqシリーズ中出力キット*
リード長 ラン時間 出力 リード長 ラン時間 出力
150bp x 2 29時間 100~120Gb 150bp x 2 26時間 32.5~39Gb
75bp × 2 18時間 50~60Gb 75bp × 2 15時間 16.25~19.5Gb
75bp × 1 11時間 25~30Gb      

*据付時の仕様は、イルミナPhiXコントロールライブラリーを使い、サポート範囲内でのクラスター密度(129~165k/mm²パスフィルタークラスター)を基にしています。 実際のパフォーマンスは、サンプルの種類、クオリティ、そしてパスフィルタークラスターに依存します。 すべてのNextSeq 500キットはペアエンドに対応しています。
†ラン時間には、デュアルサーフェススキャン対応のNextSeq 500システムにおけるクラスター形成、シーケンス、ベースコールまでが含まれます。

 NextSeqシリーズ高出力キットNextSeqシリーズ中出力キット
シングルリード最大4億最大1億3,000万
ペアエンドリード数最大8億最大2億6,000万
NextSeqシリーズ高出力キット NextSeqシリーズ中出力キット
150bp x 2の場合、Q30以上の塩基が75%以上 150bp x 2の場合、Q30以上の塩基が75%以上
75bp x 2の場合、Q30以上の塩基が80%以上 75bp x 2の場合、Q30以上の塩基が80%以上
75bp x 1の場合、Q30以上の塩基が80%以上  

†† クオリティスコア(Qスコア)は、ベースコールにおけるエラー確率の予測指標です。 Q30以上の割合はラン全体の平均値を示します。

NextSeqシリーズ高出力キットNextSeqシリーズ中出力キット
1ヒト全ゲノム3エクソーム
12エクソーム12濃縮パネル
16トランスクリプトーム96アンプリコンパネル
NextSeqシリーズデータシート

NextSeqシリーズシステムデータシート

柔軟性が高く、高速かつハイスループットのベンチトップ型シーケンサーにより、イルミナSBSテクノロジーの精度を活かした全ゲノム、トランスクリプトーム、およびターゲットリシーケンスアプリケーションを実行できます。

データシートを見る
1塩基合成反応テクノロジー

NextSeqシリーズでは、イルミナの実績ある1塩基合成反応(SBS)テクノロジーを採用しているため、さまざまなアプリケーションで傑出した高品質かつ高精度なデータが得られます。 SBSでは、蛍光標識したヌクレオチドを使用する可逆的ターミネーター法により、伸長しているDNA鎖に取り込まれる塩基を1塩基単位で検出します。

詳細はこちら

イルミナのSBSの原理についてはこちら
2チャネルSBSテクノロジー

NextSeqシリーズでは、2チャネルSBSケミストリーを利用して、効率の高いシーケンスおよびデータ生成を実現します。 2チャネルSBSにより、イルミナシステムの傑出した高品質と高精度を維持しながら、サイクルおよびデータ処理時間を短縮できるようになりました。 NGSが、世界中のラボで日常的に使用できるツールとして、身近なソリューションになったのです。

詳細はこちら

Technology Spotlightを読む