Skip to content

NextSeq 1000およびNextSeq 2000システムの仕様

Sequencing Output Per Flow Cell*

NextSeq 1000 and NextSeq 2000
Flow Cell Type P1 P2 P3
1 × 50 bp     60 Gb
2 × 50 bp   40 Gb 120 Gb
2 × 100 bp   80 Gb 240 Gb
2 × 150 bp 30 Gb 120 Gb 360 Gb

* Output specifications based on a single flow cell using Illumina PhiX control library at supported cluster densities.
† P3 Reagents are available for the NextSeq 2000 only.

Reads Passing Filter Per Flow Cell

NextSeq 1000 and NextSeq 2000
Flow Cell Type P1 P2 P3 *
Single-end Reads 100 M 400 M 1.2 B
Paired-end Reads 200 M 800 M 2.4 B

* P3 Reagents are available for the NextSeq 2000 only.

Quality Scores* and Run Time

NextSeq 1000 and NextSeq 2000
Flow Cell Type P1 P2 P3
Quality Scores  
1 × 50 bp ≥ 90% of bases higher than Q30 at 1 × 50 bp
2 × 50 bp ≥ 90% of bases higher than Q30 at 2 × 50 bp
2 × 100 bp ≥ 85% of bases higher than Q30 at 2 × 100 bp
2 × 150 bp ≥ 85% of bases higher than Q30 at 2 × 150 bp
Run Time  
1 × 50 bp     ~11 hr
2 × 50 bp   ~13 hr ~19 hr
2 × 100 bp   ~21 hr ~33 hr
2 × 150 bp ~19 hr ~29 hr ~48 hr

* A quality score (Q-score) is a prediction of the probability of an error in base calling. The percentage of bases > Q30 is averaged across the entire run. Quality scores are based on NextSeq Reagent Kits run on the NextSeq 1000 and 2000 System using an Illumina PhiX control library. Performance may vary based on library type and quality, insert size, loading concentration, and other experimental factors.
† Run time includes cluster generation, sequencing, and base calling on a NextSeq 1000 or NextSeq 2000 system.
‡ P3 Reagents are available for the NextSeq 2000 only.

Estimated Sample Throughput for Key Applications

NextSeq 1000 and NextSeq 2000
Flow Cell Type P1 P2 P3 *
Small Whole-Genome Sequencing (300 cycles)
130 Mb genome; > 30× coverage
~7 ~30 ~90
Whole-Exome Sequencing (200 cycles)
50× mean targeted coverage; 90% targeted coverage at 20×
~4 ~16 ~48
Single-Cell RNA-Seq (100 cycles)
4k cells, 10k-50k reads/cell
  ~2-10 ~6-30
miRNA-Seq or Small RNA Analysis (50 cycles)
11M reads/sample
    ~108

* P3 Reagents are available for the NextSeq 2000 only.
† Recommended sequencing depth for single-cell RNA-Seq will largely depend on sample type and experimental objective and will need to be optimized for each study.

NextSeq 1000およびNextSeq 2000システム
仕様

装置の構成
  • DRAGEN Bio-IT FPGAによる二次解析機能を搭載した自己完結型のドライ装置
    装置コントロールコンピューター
    • 本体:2Uマイクロサーバー搭載
    • メモリー:288 GB
    • ハードドライブ: 3.8 TB SSD
    • オペレーティングシステム: Linux CentOS 7.6
    動作環境
    • 温度:15℃~30℃
    • 湿度:20%~80%、結露なきこと
    • 高度:0メートル~2,000メートル
    • 屋内で使用のこと
    レーザー
    • 波長:449 nm、523 nm、820 nm
    • 安全性:クラス1レーザー製品
    寸法
    • 幅×奥行×高さ:60 cm × 65 cm × 60 cm
    • 重量:141 kg
    梱包寸法
    • 幅×奥行×高さ:92 cm × 120 cm × 118 cm
    • 梱包重量:232 kg
    電源要件
    • 装置入力電圧:100 Vac~240 Vac
    • 装置入力周波数:50/60 Hz
    ネットワーク接続の帯域幅
    • 内部ネットワークでのアップロードの場合:200 Mb/s/装置
    • BaseSpace Sequence Hubへのアップロードの場合:200 Mb/s/装置
    • 装置稼働データのアップロードの場合:5 Mb/s/装置
    製品安全性および準拠
    • NRTL認証IEC
    • 61010-1 CEマーク取得
    • FCC/IC認証
  • スペックシートを見る
NextSeq 2000システムの図

NextSeq 1000およびNextSeq 2000システム
カートリッジ

使いやすいカートリッジベースのプラットフォーム

NextSeq 1000およびNextSeq 2000シーケンスシステムのカートリッジは、試薬、流路系、廃液ホルダーが一体化されています。そのため、ライブラリーのローディングと装置の操作は簡単で、まず試薬カートリッジを融解してから、フローセルをカートリッジに挿入し、ライブラリーをカートリッジにローディングします。あとはそのカートリッジを装置にセットするだけです。

NextSeq 1000およびNextSeq 2000システム
フローセル

増強された出力性能

この高密度のフローセルを最大限に活用するため、NextSeq 1000およびNextSeq 2000シーケンスシステムにはまったく新しい超高解像度の光学システムが搭載されています。そのため、従来のベンチトップ型システムより解像度と感度の高い非常に精確なイメージングデータが得られます。この小型化により、NextSeq 550システムと同レベルの高いデータ品質基準を維持したまま、さまざまな出力量に対応できる適応性が生まれました。

NextSeq 2000システムカートリッジ
NextSeq 2000システムフローセル

NextSeq 1000およびNextSeq 2000システム
フローセル

増強された出力性能

この高密度のフローセルを最大限に活用するため、NextSeq 1000およびNextSeq 2000シーケンスシステムにはまったく新しい超高解像度の光学システムが搭載されています。そのため、従来のベンチトップ型システムより解像度と感度が高い非常に精確なイメージングデータが得られます。この小型化により、NextSeq 550システムと同レベルの高いデータ品質基準を維持したまま、さまざまな出力量に対応できる適応性が生まれました。

Interested in learning more about the flexibility of NextSeq 1000/2000? Talk to an Illumina representative today.

Contact Us