比類ないスケーラビリティーをシーケンスにもたらす

NovaSeq シリーズは前例のないスループットで新しいレベルの可能性にパワーを与えます

NovaSeqシステム仕様

フローセルあたりのシーケンスアウトプット

  NovaSeq 6000 システム
フローセルタイプ SP* S1 S2 S4
2 × 50 bp 65–80 Gb 134–167 Gb 333–417 Gb N/A
2 × 100 bp N/A 266–333 Gb 667–833 Gb 1600–2000 Gb
2 × 150 bp 200–250 Gb 400–500 Gb 1000–1250 Gb 2400–3000 Gb
2 x 250 bp 325-400 Gb N/A N/A N/A

仕様は最適クラスター密度でのイルミナPhiXコントロールライブラリーに基づいています。
† N/A: not applicable、該当なし

パスフィルターリード数

  NovaSeq 6000 システム
フローセルタイプ SP S1 S2 S4
シングルセルリード 650–800 M 1.3–1.6 B 3.3 B–4.1 B 8-10 B
ペアエンドリード 1.3–1.6 B 2.6–3.2 B 6.6–8.2 B 16–20 B

クオリティ値 および ラン時間

  NovaSeq 6000 システム
フローセルタイプ SP  S1 S2 S4
クオリティ値  
2 × 50 bp ≥ 85%
2 × 100 bp ≥ 80%
2 × 150 bp ≥ 75%
2 x 250 bp ≥ 75%
ラン時間  
2 × 50 bp ~13 時間 ~13 時間 ~16 時間 N/A
2 × 100 bp N/A ~19 時間 ~25 時間 ~36 時間
2 × 150 bp ~25 時間 ~25 時間 ~36 時間 ~44 時間
2 × 250 bp ~38 時間 N/A N/A N/A

† クオリティ値(Qスコア)は、ベースコールにおけるエラー確率の予測指標です。 Q30以上の割合はラン全体の平均値を示します。 クオリティ値は、Illumina PhiXコントロールライブラリーを使用してNovaSeq 6000システムで実行されるNovaSeq Reagent Kitsに基づいています。 性能は、ライブラリーのタイプと品質、挿入サイズ、負荷濃度、およびその他の実験的要因に基づいて異なる場合があります。
‡ 時間はNextSeqシステム上で実施するクラスター形成、シーケンス、ベースコールを含みます。 ランタイムは、同じタイプの2つのフローセルの実行に基づいています。 2つの異なるフローセルを稼動させるとランタイムに影響します。

主要アプリケーションの予想サンプルスループット*

  NovaSeq 6000システム
フローセルタイプ SP S1 S2 S4
ランあたりのヒト全ゲノム ~4~8 ~16 ~48
ランあたりのヒト全エクソーム ~40~80 ~200 ~500
ランあたりのトランスクリプトーム ~32~64 ~164 ~400

*上記サンプルスループットは予測であり、デュアルフローセルランあたりの表記です。 30x以上のゲノムカバレッジを得るためにはヒトゲノムサンプルあたり> 120GBaseのデータを仮定しています。 エクソームは2 x 75 bp以上のリード長で5,000万リード以上のデータを仮定しています。 トランスクリプトームは2 x 50 bp以上のリード長で5,000万リード以上のデータを仮定しています。

NovaSeq6000システムスペックシート

NovaSeq 6000システムスペックシート

NovaSeq 6000システムはすべてのゲノム、シーケンス手法、サンプル規模に対応するスケーラブルなスループットとフレキシビリティーをお届けします。 あなたのプロジェクトを、これまでより早く、より経済的に。研究に新たな可能性をもたらします。

スペックシートを見る
1塩基合成反応テクノロジー

NovaSeq 6000 システムはイルミナの実績あるSequence By Synthesis (SBS)技術を活用し、正確なデータと頑強なパフォーマンスをお届けします。 SBS反応は可逆的ターミネーター蛍光修飾された核酸を使用します。 本手法は数十億ものシーケンスを並行して読みながら、伸長するDNA鎖に取り込まれる一塩基を検出します。

詳細はこちら

イルミナのSBSの原理についてはこちら
整列化フローセル技術

NovaSeq 6000システムは整列化フローセル技術を採用しました。これにより、幅広いシーケンスアプリケーションに対応した、比類ないスループットを実現します。 整列化フローセルには数十億ものナノウェルが固定された位置に 存在するため、クラスター間隔が調整できます。 これにより、シーケンスリード数とシステムからの総データ量を飛躍的に向上させることができました。

詳細はこちら

整列化フローセルを見る