生殖医学

イルミナは遺伝学検査に関するACOGポジションステートメントをサポート

支払者が義務付けるアクセス制限に反対する

イルミナは遺伝学検査に関するACOGポジションステートメントをサポート
2018年3月1日

米国産科婦人科学会(ACOG)は、メディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)などの医療保険会社が提唱する、遺伝子検査に関する障壁に反対する立場の声明を発表し、障壁は、非侵襲的出生前検査(NIPT)を含む遺伝子検査への女性のアクセスに影響を与える可能性があると述べました。イルミナは、一部の保険会社が要求する検査前の遺伝カウンセリングや、オーダーする医療機関に求められる時間のかかる事前承認に反対するACOGの立場を支持しています。

NIPTは母体の血液サンプルからセルフリーDNAを解析し、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトー症候群)などの一般的な染色体疾患である胎児異数性をスクリーニングします。 NIPTは染色体異常のスクリーニングにおいて非常に正確であり、より侵襲的な処置の必要性を防ぐことができます。

ACOGは米国医師会(AMA)の方針を参照しています。この方針は、遺伝子検査を注文する前に、医師の専門分野やその他の非医学的基準のみに基づいて遺伝子検査の注文を制限し、遺伝子カウンセラーなどの非提携の医学専門家や非医師の利用要件に特に反対しています。ポジションステートメントが指摘するように、遺伝カウンセラーはごくわずかです。米国では約4,000人が、遺伝学の専門家によるプレテストカウンセリングを受けることを求められるため、遺伝子検査へのアクセスは大幅に制限されます。

イルミナは遺伝子検査の適切な使用を常にサポートしてきましたが、現在の制限は妊婦のケアの質に悪影響を与えると考えています。ACOGは、CMSやその他の保険会社が遺伝子検査に関して提案した制限に対して指導的立場に立っていることを称賛します。イルミナは、妊娠中の親に貴重な洞察を提供する検査を提供するために、NIPTの採用を加速させることに尽力しています。当社は、ACOGの立場表明を支持 し、事前承認方針および手順があれば、女性がこれらの重要なスクリーニングを受けることを妨げる可能性があることに同意します。

2016年3月、ACOGと母体胎児医学会(SMFM)は、医師が母体年齢に関係なく、妊娠初期のすべての女性にNIPTなどの異数性スクリーニングについて話し合い、提供することを強く奨励する共同診療書を発行しました。

Recent Articles

ゲノミクスの意外で驚くべきアプリケーションについて探る、ポッドキャストストリー
ゲノミクスの意外で驚くべきアプリケーションについて探る、ポッドキャストストリー
ヒト遺伝学における発見と進歩を祝う
Video: ヒト遺伝学における発見と進歩を祝う
がん患者の機会を逃した
がん患者の機会を逃した