HiSeq 3000/HiSeq 4000システムの品質とパフォーマンス

イルミナの1塩基合成反応ケミストリーとパターンフローセル技術が実現するハイスループットでコスト効率の良いNGS

HiSeq 3000/HiSeq 4000仕様

 HiSeq 3000システムHiSeq 4000システム
ランあたりのフローセル数11または2
データ量- 150bp × 2650~750Gb1300~1500Gb
データ量- 75bp × 2325~375Gb650~750Gb
データ量- 50bp × 1105~125Gb210~250Gb
パスフィルタークラスター数(フローセルあたり8レーン)シングルリードで~25億、ペアエンドリードで~50億シングルリードで~50億、ペアエンドリードで~100億
クオリティスコア- 50bp × 285%以上の塩基がQ30を超える85%以上の塩基がQ30を超える
クオリティスコア- 75bp × 280%以上の塩基がQ30を超える80%以上の塩基がQ30を超える
クオリティスコア- 150bp × 275%以上の塩基がQ30を超える75%以上の塩基がQ30を超える
1日あたりのデータ量200Gb以上400Gb以上
ラン時間1日未満~3.5日1日未満~3.5日
ランあたりのヒトゲノム数*~6~12
ランあたりのエクソーム数~48~96
ランあたりのトランスクリプトーム数~50~100

据付け仕様はイルミナのPhiXコントロールライブラリーを使い、サポート内のクラスター密度(1,310~1,524K/mm2パスフィルター)を基にしています。 ラン時間はシーケンスのみを含みます。 パフォーマンスはサンプルのクオリティ、クラスター密度、その他の実験要因によって異なります。
*ヒトゲノム30×超のカバレッジを想定。
†75bp x 2のリード長を使用し、ターゲットの80%で100×カバレッジを想定。
‡サンプルあたり5,000万リードを想定。

HiSeq Xシリーズのデータシート

HiSeq 3000/HiSeq 4000システムを評価

ランあたり最大1.5Tbのデータを算出し、リード数は50億に達します。 HiSeq 3000/HiSeq 4000シーケンスシステムの詳細をご覧ください。

データシートを見る
1塩基合成反応(SBS)テクノロジー

HiSeq 3000/HiSeq 4000システムは世界で最も広く導入されている次世代シーケンサー(NGS)技術である1塩基合成反応(SBSケミストリー)を採用しており、高いクオリティのデータをお届けします。 実績のあるSBSケミストリーは、すべてのイルミナシーケンスプラットフォームで使用されています。 このケミストリーは独自の蛍光標識された可逆的ターミネーター法により、大規模なシーケンスを可能にします。

詳細はこちら

パターンフローセル技術

HiSeq 3000/HiSeq 4000システムは革新的なパターンフローセル技術を採用し、幅広いシーケンスアプリケーションのために比類ないスループットを提供します。 パターンフローセルでは数十億ものナノウェルが固定された位置に存在するため、クラスター間隔が調整できます。 これにより、シーケンスリード数とシステムからのトータルデータ出力量を飛躍的に向上させることができました。

詳細はこちら