Skip to content

プレスリリース

シングルセルゲノミクスのための包括的ソリューションをバイオ・ラッド社と共同開発

(当リリースは、Illumina Inc., が2016年1月11日付けで発表した英文プレスリリースを日本語に翻訳したものです。
プレスリリースの正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します)

個々の細胞の遺伝子発現に比類ない洞察を与える拡張性と高スループットを備えたプラットフォーム

2016年1月11日カリフォルニア州ハーキュリーズ &サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--米バイオ・ラッド ラボラトリーズ社(NYSEコード: BIO)およびイルミナ(NASDAQコード:ILMN)は、本日、シングルセル解析のための最も包括的な次世代シーケンサー(NGS)ワークフローを開発する独占パートナーシップを発表しました。商業化に向けたこの一貫したソリューションにより、これまで費用と時間を要する難しいプロセスであった、数千もの細胞それぞれの高スループットシーケンスが可能になります。

多くの科学的研究は組織サンプルの解析に頼っています。これらのサンプルは通常、機能が異なる複数の細胞タイプから構成されています。遺伝子発現データはこれら細胞全体の平均値であるため、細胞間の違いの同定や細胞変化の役割についての理解を困難なものにしていました。シングルセルシーケンスではこうした課題を解決し、細胞機能、疾患進行、そして治療応答における深い洞察をもたらします。これらのデータは、例えば数百の特化した細胞タイプを持つことで知られる神経組織の研究にとって重要となり得ます。

バイオ・ラッド社のクラス最高の液滴分割テクノロジーとイルミナがリードするNGSテクノロジーを活用することで、この新しいソリューションはシングルセルの単離とバーコード化を最適化し、下流のシーケンスへとつなげます。データ解析はイルミナのクラウドベースのゲノミクスコンピューティング環境であるBaseSpaceで実施します。このソリューションは現在市販されているソリューションに比べ、大量のシングルセルをわずか数分でコスト効率のよい価格で単離する拡張性を備えています。

「NGSテクノロジーのグローバルリーダーであるイルミナと、待望のシングルセルゲノミクスプラットフォームを開発するというコラボレーションの機会を歓迎します。」と話すのはバイオ・ラッド社の上級副社長でDigital Biology Centreの統括マネジャーであるAnnette Tumolo氏です。「このパートナーシップにより、シングルセル遺伝子発現解析のためのスムーズで拡張性のあるソリューションを提供する予定です」。

「バイオ・ラッド社とコラボレーションし、重要となるシングルセルNGS市場に両社が製品を提供することで、研究者は遺伝子発現において画期的な前進を遂げるに留まらず、それ以上の成果を得ることになります。」と、イルミナの上級副社長で最高コミュニケーション責任者(CCO)のChristian Henryは話します。「バイオ・ラッド社は、規制と標準化がより厳しさを増す市場において、信頼性のある高品質の製品を提供することで知られています。このような重要な企画において、彼らと一緒に仕事ができることをとても楽しみにしています」。

両社はこのソリューションを2016年後半、または2017年初期の発売を予定しています。

バイオ・ラッド社について

バイオ・ラッド ラボラトリーズ(Bio-Rad Laboratories, Inc.)(NYSEコード: BIO)(NYSEコード: BIOb)は、ライフサイエンス研究および臨床診断市場向けに革新的な製品およびソリューションの幅広い開発、製造 、および販売を行っています。品質および顧客サービスへの真摯な取り組みで知られる当社は、大学や研究機関、病院、公衆衛生や民間の研究所だけでなく、バイオテクノロジー、医薬品、そして食品安全業界を顧客に抱えます。1952年の設立以来、バイオ・ラッド社は米カリフォルニア州のハーキュリーズを拠点に、そのグローバルな運営ネットワークにより、研究およびヘルスケア業界で100,000を超える顧客にサービスを提供しています。世界各国に7,600を超える従業員を数え、2014年には21億米ドル超の収益を計上しています。詳細については、www.bio-rad.com をご覧ください。

イルミナについて

イルミナは、ゲノムのパワーを解き明かすことにより、人々の健康を改善することを目指しています。革新的な取り組みに注力することにより、研究、臨床、および応用市場でお客様に製品を提供しながら、DNAシーケンスおよびアレイベースの技術におけるグローバルリーダーとしての地位を確立してきました。私たちの製品は、ライフサイエンス、腫瘍学(がんゲノム)、リプロダクティブヘルス、農業およびその他新たなセグメントでの応用に利用されています。イルミナ製品についての詳細はこちらから:www.illumina.com、または@illuminaでフォローしてください。

イルミナの将来予測に関する記述

本プレスリリースには、あらゆる製品の発売に関するイルミナの予測など、リスクおよび不確実性を含む将来予測に関する記述が含まれている可能性があります。将来予測に関する記述と実際の結果が異なる場合の重要な要素としては、主観的な予測、評価、および判断に大きく影響する非常に複雑な一般会計原則の適用、ならびに、当社が米国証券取引委員会(SEC)に提出する最新のフォーム10-Kおよび10-Q等の届け出またはカンファレンス・コール(日時は事前に連絡されます)にて開示される情報にて説明されるその他の要因が挙げられます。イルミナは本リリースの日付後に、これらの将来の予測に関する記述について更新する予定はありません。

バイオ・ラッド社の将来予測に関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の規定する「将来予測に関する記述(forward-looking statements)」が含まれています。また、上記「将来予測に関する記述(forward-looking statements)」には、新製品の開発および発売に関する弊社の記述が含まれますが、これに限定されるものではありません。将来予測に関する記述は一般に「確信する」、「予想する」、「可能性がある」、「予定である」、「意図する」、「推定する」、「継続する」、または同様な表現やそれらの否定形などの用語によって判別可能です。こうした記述には、リスクと不確実性が含まれており、これによって実際の結果が将来予測に関する記述に示される、または示唆されるものから大幅に異なる可能性があります。上記リスクと不確実性には、新製品および改良製品の開発力および販売力、ならびにサプライチェーンおよび製品の品質で直面する問題を含みます。当社のリスクと不確実性の詳細については、直近のフォーム10-Kによる年次報告書(2014年12月31日現在)およびフォーム10-Qによる四半期報告書(2015年9月30日現在)を含む、当社が米国証券取引委員会に提出した報告書の「Risk Factors」および「Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operation」セクションをご覧ください。将来予測に関する記述は本プレスリリース時点での分析のみを反映し、その時点においてのみ有効なものであり、このような記述には過度の信頼を置かないようご注意ください。バイオ・ラッド ラボラトリーズ社はこれらの将来予測に関する記述を更新する一切の義務を否認いたします。

当情報のオリジナル版はbusinesswire.comでご覧ください:
http://www.businesswire.com/news/home/20160111006404/en/

Source: Illumina, Inc.

Bio-Rad Laboratories, Inc.
Tina Cuccia, Corporate Communications
510-724-7000
tina_cuccia@bio-rad.com
or
Illumina, Inc.
Investors:
Rebecca Chambers
858-255-5243
rchambers@illumina.com
or
Media:
Jennifer Temple
858-882-6822
pr@illumina.com

Recent Articles

The Power and Promise of Liquid Biopsies
The Power and Promise of Liquid Biopsies
New Liquid Biopsy and High-Throughput Assays Join TruSight Oncology Portfolio
New Liquid Biopsy and High-Throughput Assays Join TruSight Oncology Portfolio
Texas A&M Deploys DRAGEN
Texas A&M Deploys DRAGEN