プレスリリース

イルミナ、革新的なカスタマーソリューションを推進させるためにAGBT総会で次世代製品とデータを発表

(当リリースは、Illumina Inc.が2022年6月7日付けで発表した英文プレスリリースを日本語に翻訳したものです。プレスリリースの正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。)

サンディエゴ―(2022年6月7日、PRNewswire)―Illumina, Inc.(NASDAQコード:ILMN)は、DNAシーケンスとアレイベーステクノロジーのグローバルリーダーであり、6月6日から9日までフロリダ州オーランドで開催されるAdvances in Genome Biology and Technology(AGBT)で、顧客に焦点を合わせた重要な告知および発表を行うことを本日公表しました。告知には、幅広いアプリケーションの拡大とMiSeq™システムからスケールの拡大を検討中の顧客に対応することを目的にデザインされた、NextSeq™ 1000および2000システムでの新しいリード長である300 bp x 2を含む予定です。加えて、イルミナのInfinityテクノロジーに関する新しいデータを、同社のセッションの1つにおいて、またDRAGEN™ Bio-ITおよびIllumina Connected Analytics(ICA)を含む同社のインフォマティクスソリューションの発表で紹介する予定です。また、イルミナは産業連携や提携関係のさらなる育成に役立てることを目的とし、本会議でゲノミクスイノベーションに関するさまざまな多くのイベントや話し合いも招集し主催する予定です。

イルミナのChief Commercial OfficerであるSusan Tousiは、「イルミナでは、お客様が私たちの行動の中心にあります。AGBTでお客様とつながり、私たちの次世代ゲノミクスソリューションを公開し、これらソリューションの特別なニーズと要件の詳細を知っていただけることを楽しみにしています。イルミナが多くの貴重なパートナーの方々と共に、個別化医療をさらに未来へ加速させるイノベーションを後押しし続けるために、AGBTはイルミナにとって重要な機会となります。」と述べています。

新しい、更なるロングリードキットの構成

今年後半に発売される予定である、NextSeq 1000/2000システム用の新しい600サイクルキットは、これまでより長い、300 bp x 2のペアエンドリードが含まれ、メタゲノミクスから免疫レパトアプロファイリングに及ぶ幅広いアプリケーションに拡大する予定です。ヒトイムノオームをさらに理解するために、全長V(D)Jの免疫レパトアシーケンスを実現できるパワフルかつ新しいツールとしてNextSeq 2000システムのデータを示す予定です。

イルミナのSr. Vice President兼Chief Technology OfficerのAlex Aravanisは、「これから発売するイルミナの新しいNextSeqキットは、シーケンシングを新しい業界基準へと高め続けるための別の重要な一歩です。高度なライブラリー調製アプローチと組み合わせた優れた遺伝子シーケンス深度とシーケンス長は、レパトアシーケンスにおける技術的進歩の新たな波を表しており、この技術的進歩はゲノムの力を解き放ち、人の健康を転換することになるでしょう。」と述べています。

Infinityテクノロジーを用いた新しいデータ

「Emerging Applications and Advances in Whole Genome Sequencing(全ゲノムシーケンスにおける新しいアプリケーションと進歩)」と題した6月8日のセッションでは、イルミナはInfinityテクノロジープラットフォームからの新しいデータを公表し、マッピング困難なゲノム領域での類まれな性能、複雑な構造バリアントの解像能力、ハプロタイプを決めるために非常に多様性の高いヒト白血球抗原(HLA)領域のフェージングデータを生成する機能性を示す予定です。さらに、ターゲット濃縮と組み合わせたInfinityテクノロジーを用いたデータも公表する予定です。このアプローチにより、標準的なイルミナゲノムと共にマッピング困難な遺伝子領域の約5%をターゲットにすることができ、新しいコスト効率の良いアプローチを使ってこれまでにないスケールを解析することが可能になります。

Stanford UniversityのAshley Labはイルミナと早くから共同研究を行っており、Infinityデータを用いて患者検体を解析し、遺伝的バリエーションの原因を詳細に解析し、患者アウトカムを改善するために、臨床的な決定により多くの情報を与える別のパワフルなツールを作成しています。Stanford University School of Medicine、Genomics and Precision Healthの教授であるEuan Ashley医師・博士は6月6日、AGBTの基調演説でInfinityテクノロジーから生成されたデータを発表しました。

NovaSeq™ 6000システムとクラス最高のインフォマティクスによって最適化されたWGS性能

イルミナのNovaSeq 6000システムおよびDRAGEN Bio-IT platformは、遺伝子疾患診断、がん検出と治療、および世界的な病原体サーベイランスなど、今日の最大の世界的な健康に関する課題に対処しています。インフォマティクスにおけるイルミナの近年の進歩はヒトWGS解析も最適化しています。

「Connecting Samples to Genomic Analysis & Interpretation(サンプルをゲノム解析と解釈につなげる)」と題した6月9日のセッションでは、イルミナはインフォマティクスソリューションについて討議し、Precision FDA基準に対して測定時のゲノムを最高の精度で測定するDRAGEN v3.10を含む、革新的なアプリケーションを取り上げる予定です。最新の比較では、DRAGENはすべての基準に対して、および困難な主要組織適合複合体(MHC)領域において、その他のテクノロジーより優れていました。DRAGEN v3.10は、All of Us、Genome EnglandおよびUK BioBankなどの大規模な多くの研究で業界をリードする精度を守り続けています。2022年3月時点で、シーケンスのデータ処理を加速させるDRAGENツールを通して、イルミナの顧客は180万以上の全ゲノムを処理しました。

AGBTでの重要な会議の招集と主催

イルミナはAGBTでの多くのイベントと討議を通して、以下に示すような、ゲノムイノベーションに関する重要な会議の招集や推進を行い、産業連携を発展させ、ゲノムテクノロジーにおける進歩を討議する予定です:

  • 「Extending the Reach of Illumina Sequencing Platforms(イルミナシーケンスプラットフォームの範囲の拡大)」イルミナのProduct MarketingのマネージャーであるFiona Nohilly、およびProduct Management、Sequencing PlatformsのVice PresidentであるJoel Fellis博士が、スケール拡大とイルミナの次世代シーケンスプラットフォームへのアクセス拡張への取り組みについて討議する予定です。この会議は6月7日火曜日午前8:00(米国東部標準時)にPalm Beach Roomで行われる予定です。

  • 「Emerging Applications and Advances in Whole Genome Sequencing(全ゲノムシーケンスにおける新しいアプリケーションと進歩)」イルミナのVice President兼Distinguished ScientistであるGary Schroth博士がイルミナの全ゲノムに関する製品の最近の進歩と新しいゲノムテクノロジーの大きな可能性について討議します。6月8日水曜日午前8:00(米国東部標準時)Palm Beach Roomで開催予定です。

  • 「Connecting Samples to Genomic Analysis & Interpretation(サンプルをゲノム解析と解釈につなげる)」Product Management、Software & InformaticsのVice PresidentであるMike Lelivelt博士が、サンプルを重要なゲノム洞察につなげるためにイルミナのエンドツーエンドソリューションについて公表する予定です。日時は6月9日木曜日午前8:00(米国東部標準時)Palm Beach Roomで開催予定です。

  • Women's Networking Event会議の出席者はイルミナが出資するWomen's Networking Eventに、科学に携わる女性が情報交換できるように招待されます。イルミナは科学に携わる女性のための進行中のサポートの一環として、優秀なサイエンティストを表彰する予定です。日時は6月7日午後5:30(米国東部標準時)Signature Islandで開催予定です。

Aravanisは、「イルミナでは世界の最大の健康の課題を解決するために新境地に向けてゲノムテクノロジーを推し進めています。今年のAGBTでの我々の参加を通して、第一線のゲノム革新者の方々や、個別化医療の未来を推し進める次世代ゲノミクスソリューションと世界中の健康転帰を変換するためにこれらの重要なイノベーションを拡大できる方法を考えておられる方々と関われることを楽しみにしています」と述べています。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースには、リスクおよび不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。実際の業績に将来の見通しに関する記述と大きく異なる影響を与えうる重要な要因には、以下のようなものが含まれます。(1) 製造業務の拡大や変更、重要部品の第三者サプライヤーへの依存など、新製品やサービスの開発、製造、発売に特有の課題、 (2) 法律、規制、経済の動向、ならびに直近のフォーム 10-K および 10-Qを含む証券取引委員会への提出書類、または事前に公表されるカンファレンスコールにおいて開示される情報。イルミナは、これらの将来の見通しに関する記述を更新するとは限らず、そのような義務を負いません。また、アナリストの予測の見直しや確認、または当四半期の進捗状況に関する中間報告もしくは更新についても、そのような義務を負うものではありません。

イルミナについて

イルミナは、ゲノムのパワーを解き明かすことにより、人々の健康を改善することを目指しています。革新的な取り組みに注力することにより、研究、臨床、および応用市場でお客様に製品を提供しながら、DNAシーケンスおよびアレイベースの技術におけるグローバルリーダーとしての地位を確立してきました。私どもの製品は、ライフサイエンス、腫瘍学(がんゲノム)、生殖医学や遺伝医学、農業およびその他の新たなセグメントでの応用に利用されています。イルミナ製品についての詳細はこちらから:jp.illumina.com、または Facebookをご覧ください。

Investors:
Salli Schwartz
858.291.6421
IR@illumina.com

Media:
Adi Raval
US: 202.629.8172
PR@illumina.com

 

Recent Articles

Exome Sequencing Reveals Misdiagnoses in Epidermolysis Bullosa Patients
Exome Sequencing Reveals Misdiagnoses in Epidermolysis Bullosa Patients
Baby Fitz’s Life-Saving Diagnosis Through Whole-Genome Sequencing
Baby Fitz’s Life-Saving Diagnosis Through Whole-Genome Sequencing
How Genomics Will Support Gorilla Conservation
How Genomics Will Support Gorilla Conservation