Skip to content

本ウェビナーでは、がん関連遺伝子や遺伝性疾患の解析に広く用いられている標的領域の変異・バリアント検出、いわゆるターゲットリシーケンスのご紹介を行います。ターゲットリシーケンスの解析手法は濃縮法とアンプリコン法に大きく二分され、これらの特徴を理解した上で解析目的に合わせた実験デザインの構築が実験を成功させる上で重要となります。本セッションでは、これからターゲットリシーケンスを始めるお客様向けに、目的に合わせた実験デザインの構築に必要な情報をお届けいたします。

Date & Time
2019/01/30
15:00-16:00
Location
Japan
Asia
Presenter
イルミナ株式会社
テクニカルアプリケーションサイエンティスト
高田 よう子
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る