Skip to content

第62回肺癌学会学術集会 イベント開催レポート

 

第62回肺癌学会学術集会
イベント開催レポート

2021年11月26日(金)- 28日(日)、第62回日本肺癌学会学術集会がパシフィコ横浜 ノースで開催されました。イルミナは11月27日(土)のイブニングセミナーを共催しました。

セミナーの録画は著作権者である肺癌学会の許可のもとに掲載しています。2022年1月31日(月)まで限定公開いたします。

本セミナーの録画配信は終了いたしました。ご視聴いただき誠にありがとうございました。

日程:2021年11月27日(土)18:40~19:30(50分)
座長:豊岡 伸一 先生
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 呼吸器・乳腺内分泌外科学

企業講演:イルミナ技術営業部 北野 敦史
演題:イルミナがん分野における クリニカルシーケンスソリューションのご紹介」

演者:遠西 大輔 先生
岡山大学病院 ゲノム医療総合推進センター
演題:「がんゲノム医療の現状と課題ー新たなパネル検査の紹介ー」

講演要旨:がんゲノムプロファイル検査としてがん遺伝子パネルが保険収載され約2年が経ち、臨床現場では多くの経験が得られている。その中で、がん種によってはドライバー遺伝子変異が見つからない、あるいは限られた治療薬への到達度など課題も多く挙げられ、新たながん遺伝子パネル検査の登場が待たれている。TruSight Oncology 500は、523遺伝子をターゲットとする新たなDNA + RNAアッセイであり、これまで同定されなかった遺伝子変異や融合遺伝子、またTMB、MSIのより正確な評価に期待がかかる。

Alt Text