目的の遺伝子だけでアンプリコンパネルを作製

5,000の検証済み遺伝子のカタログから選択して、小さなサイズでカスタムパネルを作製

AmpliSeq for Illuminaオンデマンドパネル

AmpliSeq for Illuminaオンデマンドパネルを用いると、ヒト疾患研究のためのパネルデザインを効率的にカスタマイズできます。NextSeq 550シーケンスシステムを用いた実際のシーケンスランで検証された5,000以上の遺伝子のカタログから確証を持って選択できます。

さらに、AmpliSeq for Illuminaオンデマンドパネルは24反応と96反応の小さく便利なサイズでご提供しています。ウェブベースの無料アッセイデザインツールDesignStudioを使えば、目的の遺伝子を最大500まで選択し、簡単にパネルを作製できます。

Custom Assay Design
オンデマンドパネルとカスタムパネルのデザインデモグラフィック
DesignStudioにおけるオンデマンドパネルとカスタムパネルのデザイン

アンプリコンパネルデザインのプロセスを段階ごとに簡潔に説明しています。

シンプルなユーザーインターフェース、堅牢なアルゴリズム、そしてDesignStudioからの動的フィードバックを用いてオンデマンドパネルを簡単に作製できるため、結果をより迅速に得ることができます。

新しいオンデマンドパネルのデザインを始めるには、まずお客様のDesignStudioアカウントにログインします。AmpliSeq for Illumina On-Demand panelのデザインを選択します。目的の遺伝子を指定してAmpliSeq for Illuminaオンデマンド遺伝子カタログを検索します。

AmpliSeq for Illuminaオンデマンド遺伝子カタログで見つからない遺伝子は、スパイクインパネルの一部として追加することができます。

目的の遺伝子を迅速に見つけることができます。カタログには、遺伝性がん、原発性免疫不全、難聴、および筋ジストロフィーなどの遺伝性疾患の研究に適した既知のコンテンツを持つ5,000以上の遺伝子が含まれています。これらの遺伝子はすべてNexSeq 550シーケンスシステムで事前に検証されています。

現在、カタログに含まれるすべての遺伝子はヒトゲノム(hg19)のものであり、生殖細胞系解析のみを対象としています。AmpliSeq for Illuminaオンデマンドパネルには、1遺伝子(24アンプリコン)以上、500遺伝子(15,000アンプリコン)以下のデザイン要件があります。

Available Design Options

Sequencing by Synthesis(SBS)技術により、業界をリードするシーケンスプラットフォームの中でも偽陽性、偽陰性、そしてミスコールの発生率が最小限に抑えられます。AmpliSeq for Illuminaアンプリコンケミストリーと組み合わせれば、シンプルかつ迅速なライブラリー作製が可能です。DNAからバリアントまでが2.5日間のワークフローでお客様の研究を加速させます。

さまざまなAmpliSeq for Illuminaシーケンスパネルにはどのような違いがあるのだろうと思っていませんか? どのようなコンポーネントが必要になってくるか、パネルのカスタマイズやシーケンス後解析のオプションについて、テクニカルサポートへのアクセス方法についてなど、ご質問はありませんか?

イルミナのFAQページはこちら

イルミナのコンシェルジュデザインサポートは、カバレッジの向上をお手伝いし、アドオンデザインやヒト以外の種のデザインを実現します。ご購入される前に、イルミナシーケンスシステムでお客様のサンプルを用いてAmpliSeq for Illuminaターゲットリシーケンスソリューションをお試しいただくこともできます。 

価格に関するお問い合わせはこちら

次のステップ


デザイン

パネルデザインを開始する準備ができましたか?

DesignStudioはこちら

リクエスト

サポートが必要ですか、ご質問がありますか?

担当営業にお問い合わせください

サポート

DesignStudioの使用でサポートが必要ですか?

テクニカルサポートはこちら