世界中のがん研究者によるイルミナのテクノロジーの利用状況

がん研究者の声

イルミナのテクノロジーを利用したがん研究者の発見をご覧ください。

Marco Gerlinger, M.D., PhD.
Cancer Research UK London Research Institute

「これらのデータは、固形がんにおける変異の全体像が1回の生検では現れない可能性を示しており、これがバイオマーカーを開発するうえで我々が直面している問題です」

PDFを読む
画像
Graham Taylor, Ph.D. FRCPath
Translational Genomics Unit, Leeds University
President of the Human Genome Variation Society

がん患者のゲノムシーケンスによるトランスレーショナル研究について:「MiSeqにより、データ生成に関して、臨床での治療に必要なスピードでのデータ生成が可能になりました」

PDFを読む
画像
Steve McPhail
President and Chief Executive Officer, Expression Analysis

乳がん細胞のトランスクリプトーム解析におけるRNA-Seqの利点をクライアントに提示する研究について:「彼らが検討している生物学的な問題について、mRNA-Seqによって詳細な情報が得られることを示す説得力のあるデータだと考えました」

PDFを読む
画像
小川誠司教授
東京大学

「がんは遺伝的変異によって起こります。この変異によって生じる機能的な変化を十分に理解するためには、DNAおよびRNAレベルだけでなく、コピー数やメチル化の変化も含む遺伝的変異の全体像を把握することが必要不可欠です。私たちの研究は、革新的なシーケンステクノロジーを用いて、ヒトのさまざまながんにおける遺伝的な機序を明らかにすることを目指しています」

論文を読む
画像
Susanne Horn, Ph.D.
Postdoctoral Researcher
Division of Molecular Genetic Epidemiology
German Cancer Research Center

「ターゲット濃縮後にHiSeq 2000を用いて家族性メラノーマサンプルの次世代シーケンス解析を実施し、TERT遺伝子のプロモーターの変異を同定しました。その後に体細胞性のメラノーマでも同様の変異を同定し、メラノーマで重要な意味を持つ変異について新たな見解を示すことができました」

論文を読む
画像
Yasser Riazalhosseini, Ph.D.
Assistant Professor, Department of Human Genetics, McGill University
Principal Investigator, McGill University and Genome Quebec Innovation Center

「Nextera Rapid Captureエクソームキットを用いて少量のDNAからライブラリーを作製することができ、高品質なシーケンスにつながります。私たちは、ほとんど研究対象とされていないがんの根底にある遺伝的変異を把握する研究を行っています」

PDFを読む
画像
Trilochan Sahoo, MD
Director of Cytogenetics, CombiMatrix

「マイクロアレイやNGSなど全ゲノムを解析可能な手段を使用できるようになり、変異の同定と再編成の探索を高精度に実現する解像度で、少量の悪性細胞からゲノム全体を解析することが可能になりました」

PDFを読む
画像
Dr. Nicholas Navin
Assistant Professor in the Department of Genetics,
University of Texas MD Anderson Cancer Center

「Nextera Rapid Capture Exomeキットのようなツールによって、腫瘍の全体像および多様性や複雑性について新たな知見が得られるようになっています」

PDFを読む
画像

がんゲノミクスにニュースレター、ケーススタディ、および情報を受信でチェック!メールアドレスを入力してください