Skip to content
ランチョンセミナー14
日時 2021年10月1日(金)11:50~12:40
会場 第3会場(パシフィコ横浜会議センター3F「302」)
座長 イルミナ株式会社 セグメントマーケティング部 花岡 秀樹
演題 シークエンス技術革新がもたらす、がん治療革命
演者 公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター 中村 祐輔 先生
要旨 ヒトの全ゲノムシーケンスが完了してから、今年で20年になります。新しいシーケンス技術とバイオインフォマティクス(およびAI)の開発は、私たちにがんプレシジョン医療の時代をもたらしました。シーケンシングの価格は、過去20年間で百万塩基対あたり約100万円から約1円と驚異的に安くなり、1人のゲノム解析コスト(30X)は約5万円になりました。数万人規模のがんゲノムの情報が蓄積され、ゲノム異常に基づく薬剤選択だけでなく、新しい分子標的薬の開発にもつながりました。さらに、血漿、尿、唾液、胸腹水、髄液を使用した非侵襲的かつ迅速なリキッドバイオプシーが、がん検診、薬剤反応または再発/再発のモニタリング、および薬剤選択に応用され始めています。いくつか臨床的課題を克服する必要がありますが、リキッドバイオプシーはがん健診や診療に革命をもたらす可能性があります。さらに、より長いDNAシーケンスの読み取りにより、治療の過程で全身および局所のT細胞またはB細胞の経時的変化を調べることが可能になりました。がん免疫微小環境は、免疫療法だけでなく、放射線療法や化学療法の治療効果のも非常に影響が大きいため、これから研究が広がる全身および局所の免疫ゲノム研究は、がん治療の新しい研究分野を切り開くと考えられます。がんゲノム医学の歴史、現況、そして未来の展望についてお話します。
企業講演 技術革新を続けるイルミナの最新ソリューション
演者 イルミナ株式会社 技術営業部 鈴木 健介
 
Date & Time
2021/09/30 – 2021/10/02
Location
パシフィコ横浜、オンライン開催
Japan
Asia
Topic
Cancer Research
This event has passed