詳細

スポンサートーク
日時 2022年8月31日(水)14:20~14:40
会場 第一会場(みやこめっせ 第二展示場内)
演題 シングルセル解析の可能性を広げるDRAGEN搭載次世代シーケンサー
演者 佐二木 健一
イルミナ株式会社 遺伝性疾患スペシャリスト
要旨 本発表では、高速解析用FPGAのDRAGENを搭載したシングルセル解析に最適な次世代シーケンサー、NextSeq 1000/2000システムについてご紹介します。
NextSeq 1000は、1ラン当たり最大4億リード/120Gb、NextSeq 2000は12億リード/360Gbを出力する、シングルセル解析に最適なベンチトップシーケンサーです。昨年秋には少サンプル解析にも対応した1億リード/30Gbの小型のP1フローセルがリリースされ、さらに汎用性が高まりました。NextSeq 1000/2000には次のような最新技術が搭載されています。
  • 青・緑の2色蛍光ケミストリーと超高解像度の光学系によって可能となった高密度フローセル → 小型フローセルで従来の2倍量以上の高品質データを生成
  • 流路や廃液ボトルが一体化した試薬カートリッジ → ラン後の洗浄やコンタミの危険性を排除
  • 装置に内蔵された解析用DRAGEN → シーケンスと連続した高速解析を装置内で実施
DRAGENはさまざまなデータ解析が可能で、その中にはSingle-Cell RNA Pipelineも含まれます。シーケンス後、装置内で自動かつ高速にデマルチプレックス、エラー補正、アライメント、発現量の定量、品質チェックを行い、最終的に細胞×遺伝子発現マトリックスやUMAPプロットを作成できます。さらに作成される解析ファイルには互換性があるため、他社の解析ツールを使ってさらに下流の解析を実施することも可能です。
NextSeq 1000/2000はシングルセル解析以外にも、組織内の特定領域に標的を絞った空間的遺伝子発現解析や、エクソーム解析、ショットガンメタゲノム解析にも適しています。幅広い解析に供するNextSeq 1000/2000の可能性をぜひご確認ください。

ブースでも、シングルセル解析に最適な次世代シーケンサーNextSeq 2000システムについてご案内します。また、アンケートにお答えいただいた方には、謝礼としてイルミナオリジナルグッズを差し上げますので、ぜひ、イルミナブースにお越しください。

日時
2022/08/30 – 2022/08/31
Location
みやこめっせ
Japan
Asia
Topic
Cellular & Molecular Biology
公式HPへ移動