Skip to content

腸管には多種多様な常在細菌が存在し、様々な生体応答の制御に関わっています。最近では次世代シークエンサー用いた16S rRNA解析により、難培養性の菌も含めた腸内細菌の情報を得ることが出来るようになり、健康状態や疾患と関連する腸内細菌が同定されるようになってきました。次世代シークエンサーによる腸内細菌叢の解析のためには、糞便を回収し、核酸を抽出することが必要になります。今回のウェビナーでは、弊所で行っている腸内細菌叢を含めた健常人コホート研究において使用している糞便サンプルの調製法とそこから得られたビッグデータを活用した健康科学への展開について紹介したいと思います。 

Date & Time
2017/10/18
15:00-16:00
Location
Japan
Asia
Presenter
国立研究開発法人
医薬基盤・健康・栄養研究所
國澤 純 先生
Topic
Microbial Genomics
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る