Skip to content

抗体・ペプチドのファージライブラリからの特異的バインダーの同定において、NGSデータの活用は極めて有効である。我々は、標的分子に対するバイオパンニングの前後のファージ集団の、NGSデータから得られる抗体・ペプチドのアミノ酸配列の出現頻度の変化を比較することで、特異的バインダー配列を特定するプログラムSOPRA(Sequence Ordering Program Ranked by Amplification factor)を開発した。本セミナーでは、実際の抗体・ペプチドライブラリから、標的分子に特異的に結合するバインダーの特定する際の、SOPRAの活用法を紹介したい。

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2018/10/09
15:00-16:00
Location
Japan
Asia
Presenter
鹿児島大学大学院理工学研究科
伊東 祐二 先生
Topic
Genetic Health
ウェビナーを見る