Skip to content

RNA-Seqを用いれば、遺伝子の発現解析はもちろんのこと、non-coding RNAの解析、アイソフォームの把握、融合遺伝子の検出とさまざまな解析が可能となります。 これらの研究目的に合わせたライブラリー調製、シーケンス、情報解析はどうするか、そしてコストは?
本セッションではこれら実験デザインの部分の紹介を行います。

Date & Time
2018/01/31
15:00 - 15:45
Location
Japan
Asia
Presenter
イルミナ株式会社
シニアフィールドアプリケーションサイエンティスト
寺倉 伸治
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る