Skip to content

AmpliSeq for Illumina カスタムパネルを用いれば、標的遺伝子全域、特定のSNPや機能ドメイン、ホットスポット(COSMIC)など、興味のある領域を効率よくシーケンスすることが可能です。研究目的に応じたカスタムパネルのデザイン方法は?デザイン結果の確認方法は?デザインの改善方法は?コストは?
本セッションでは、弊社カスタムパネルデザイン専用サイトDesignStudioを用いてAmpliSeq for Illumina カスタムパネルをデザインする手法を説明するとともに、AmpliSeq for Illumina カスタムパネルを用いた実験デザインについてご紹介いたします。

Date & Time
2018/06/27
15:00 ~ 16:00
Location
Japan
Asia
Presenter
イルミナ株式会社
テクニカル アプリケーション サイエンティスト
小寺 啓文
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る