Skip to content

2019年1月に MiSeq Control Software (MCS) v3.1 がリリースされました。大幅な変更点として、内蔵解析環境がこれまでの MiSeq Reporter からLocal Run Manager (LRM)に変わりました。ランセットアップの際には、LRM, SampleSheet、マニュアル入力、の3つの方法が選択可能になっております。本ウェビナーでは今回のリリースによる MCS の変更点と LRM の機能について触れます。

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2019/04/22
Location
Japan
Asia
Presenter
イルミナ株式会社
フィールドアプリケーションサイエンティスト
菊田 寛
Topic
Life Sciences
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る