Skip to content

16S rRNA遺伝子解析のようなPCRアンプリコンDNAライブラリーを用いたアプリケーションでは、シーケンスする配列に相同性があり、塩基の偏りが生じます。このようなLow Diversityサンプルのランでは、データ量やクオリティの低下が生じやすい傾向があります。 本ウェビナーでは、Low Diversityサンプルのランデータの特徴、シーケンスのクオリティやデータ量を改善するためのポイントをご紹介します。

 

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2019/11/20
15:00
Location
Japan
Asia
Presenter
イルミナ株式会社
テクニカルアプリケーションサイエンティスト
仁田原 翔太
Topic
Cellular and Molecular Biology
Add to Calendar 登録