Skip to content

TruSight Oncology 500は、500ものがん関連バイオマーカーを解析できるパネルで、さまざまな腫瘍との関連が示唆されているDNAバリアントやRNAバリアントを特定することができます。本ウェビナーでは、パネルの仕様をご紹介するとともに、がん免疫療法バイオマーカーであるTumor mutational burden (TMB)をどのように高精度に検出するのか、また、分子バーコードによるホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)サンプルへの対応などについて、ご紹介します。

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2019/10/28
Location
Japan
Asia
Presenter
イルミナ株式会社
オンコロジースペシャリスト
北野 敦史
Topic
Oncology
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る