Skip to content

エピゲノム研究はがんを始めとする様々な疾患において、その発生、維持と破綻のメカニズム解明に重要な役割を果たしている。エピゲノム解析方法のうち、ATAC-seqは簡便なステップで生きた細胞のオープンクロマチン情報を得られる方法として広く利用されている。オープンクロマチン情報はエンハンサーなど遺伝子制御領域に関連が深く、ゲノム情報や遺伝子発現情報との組み合わせで重要なリスク遺伝子座や制御因子の探索を可能にする。このような探索を目的としたATAC-seqを含むエピゲノムデータ解析フローの理解は、迅速なデータの概観に繋がり研究促進に役立つ。今回はその一例としてTCGAプロジェクトの解析方法を紹介し、これに沿った解析デザインと応用例を紹介する。

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2020/06/23
15:00 ~ 16:00
Location
Japan
Asia
Presenter
株式会社レリクサ 研究開発部
シニアマネージャー
小田真由美 様
Topic
Cellular & Molecular Biology
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る