Skip to content

京都大学iPS細胞研究所の渡辺亮先生をお招きし、最先端テクノロジーを用いたiPS研究についてご講演いただくシリーズです。第1回目のセッションでは、iPS細胞の安全性を評価するために行っているゲノム解析をご紹介いただきました。HiSeqを用いたエクソーム解析と、MiSeqを用いたAmplicon-seqによる少数のアリルに存在するSNV検出のストラテジーを中心にご講演いただきましたので、ぜひご活用ください。

Date & Time
2013/02/19
Location
Japan
Asia
Affiliation
京都大学 iPS細胞研究所
Presenter
渡辺 亮 先生
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る