Skip to content

がん患者の血漿cell-free DNA (cfDNA)を用いたゲノム解析は”Liquid biopsy”と呼ばれ、侵襲性の低いがんの遺伝子診断法として期待されています。本講演では、我々が行なっている膵臓がんの研究を中心に、次世代シーケンサーを用いたcfDNAからのゲノム異常検出と、Liquid biopsyによるがんの個別化治療の可能性についてご紹介します。

Date & Time
2016/03/24
Location
Japan
Asia
Affiliation
国立がん研究センター研究所
がんゲノミクス研究分野 
Presenter
高井 英里奈 先生
Topic
Cancer Research
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る