Skip to content

DNAのメチル化は、遺伝子発現を制御する現象のひとつです。ゲノムワイドなメチル化プロファイリングにより、発生過程、がん、複雑な疾患症例における機能的なメカニズムの理解につながります。また、エピゲノムの変化は重要な腫瘍パスウェイやがん進行率における洞察をもたらします。
今回は、次世代シーケンサーを用いた解析例をご紹介するとともに、TruSeq DNA Methylation Kitを用いたゲノムワイドメチル化シーケンスやTruSeq Methyl Capture EPICを用いたターゲットキャプチャーといったワークフロー、さらにMiSeqで実施可能なターゲットを絞ったDNAメチル化解析方法をご提案します。

Date & Time
2016/12/21
15:00-15:30
Location
Japan
Asia
Affiliation
イルミナ株式会社
アプリケーション コンサルタント
Presenter
池田 理恵子
Topic
Cancer Research
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る