Skip to content

FFPEからのRNAシーケンスは難しいと諦めていませんか?

RNA Accessは、FFPEサンプルなど生物学的に重要であるけれども技術的に困難なサンプルタイプに利用することができる非常にパワフルな手法です。キャプチャーテクノロジーを利用して、エクソン領域だけを効率的にターゲットとすることで、FFPEサンプル由来のわずか20ngのtotal RNAからスタートすることができます。
本ウェビナーでは、RNA Accessの詳細な製品性能をご説明します。さらに、発現プロファイルおよび融合遺伝子の発見/スクリーニングを目的とした、臨床研究プロジェクトにおける有用性を示す臨床腫瘍サンプルで得られた結果についてご紹介します。

※動画はありません

Date & Time
2015/10/13
13:00-14:00
Location
Japan
Asia
Affiliation
Illumina Inc. Genomics Application Group, Distinguished Scientist Gary P. Schroth, Ph.D.
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る