分子バーコード(UMI)

分子バーコード(UMI)によるシーケンスの正確性

偽陽性のバリアントコールを減らし、バリアント検出の感度を高める

分子バーコード(UMI)とは何ですか?

分子バーコード(UMI)は、分子バーコーディングの一種で、シーケンス時にエラー補正を行って精度を向上させることができます。

これらの分子バーコードは、サンプルライブラリー内の各分子にユニークなタグを付けるために使用される短い配列です。分子バーコード(UMI)は幅広いシーケンスアプリケーションで使用されており、その多くはDNAやcDNAのPCRデュプリケートに関するものです。分子バーコード(UMI)の複製は、RNA-Seq遺伝子発現解析やその他の定量シーケンス法にも有益に活用することができます。

分子バーコード(UMI)の利点

UMIを用いたシーケンスにより、偽陽性バリアントコールを減らし、バリアント検出の感度を向上させることができます。スタート試料の核酸ごとに固有のバーコードがタグ付けされているため、バイオインフォマティクスソフトウェアは高い精度で重複するリードやPCRエラーを除外し、ユニークリードを報告して、最終データ解析の前に特定できたエラーを削除することができます

分子バーコード(UMI)とユニークデュアルインデックスの比較

どちらの技術も、下流のデータ解析中に有益にマルチプレックスとデマルチプレックス(逆多重化)を行うことができます。両者の主な違いは、分子バーコード(UMI)シーケンスは、PCR増幅の前に、一意的なシーケンスによって、サンプル中の各分子をラベル付けする点にあります。

ユニークデュアルインデックス(UDI)により、各サンプルインデックスは与えられたサンプルライブラリーに特異的につきます。サンプル内の全ての核酸は同じシーケンスタグでラベル付けされ、結果得られるライブラリーは、その他のライブラリーと共にプーリングされ、1回のランで並行してシーケンスされます。

UDIの詳細はこちら

分子バーコード(UMI)の仕組み

ユニークデュアルインデックス(UDI)により、各サンプルインデックスは与えられたサンプルライブラリーに特異的につきます。オリジナルのDNA断片に個別のバーコードを付けることで、本来のサンプル中に存在するバリアントアリル(真正バリアント)を、ライブラリー調製、ターゲットエンリッチメントまたはシーケンス中に生じたエラーと区別することができます。

ワークフローを最適化し、レベルを上げ続ける革新性

Frequently Purchased Together

イルミナのライブラリー調製を最大限に活用できる方法をエキスパートにご相談ください。

お客様のニーズに合わせてご提案いたします。