DNAライブラリー調製

迅速で正確なDNAライブラリー調製

PCRフリーおよびオンビーズタグメンテーションテクノロジーの革新で、時間の節約、柔軟性、およびシーケンスデータのパフォーマンスの向上が実現

ビデオを見る

迅速ライブラリー調製を体験する

DNAライブラリー調製とワークフローの向上で、8時間の勤務が終わる前に完了できます。ライブラリー調製の違いをタイムラプスビデオで見る。

用途の広いDNAライブラリー調製により、小さなターゲット化した領域またはゲノム全体を調べることができます。

全ゲノム
全ゲノムローインプット
全ゲノムDNA

シーケンス用サンプルを作成するプロセスを簡素化して、サンプル調製とライブラリー調製を1つの使いやすい製品にまとめました。オンビーズ断片化には、ライブラリー定量が不要です。PCRデュプリケートを回避することで、時間の節約とシーケンスデータのパフォーマンスの向上が実現します。

イルミナのDNA調製でワークフローを簡素化する

Illumina DNA Prep(前のNextera DNA Flex)は、DNA断片化の先行処理を簡素化して、DNA抽出、DNA定量、ライブラリーQC、ライブラリー定量などのワークフローの課題を解決します。

ウェビナーを見る
UMI有りエンリッチメント
UMI無しエンリッチメント
DNAエンリッチメント

当社のエンリッチメントライブラリー調製収量は、イルミナシーケンスシステム全体に渡って、90%を超えるオンターゲットリード、95%を超える均一性、低いPCRデュプリケート率を提供します。1このワークフローでは、90分のハイブリダイゼーションステップを1回、わずか10 ngのインプットDNAを使用します。オンビーズタグメンテーションケミストリーは、幅広いDNAインプット量、さまざまなサンプルタイプ、および幅広いアプリケーションに対応することができます。

Illumina DNA Prep with Enrichment:簡潔、迅速、柔軟性

このビデオは、Illumina DNA Prep with Enrichment(前のNextera Flexエンリッチメント)のライブラリー調製やエンリッチメントワークフロー、データ分析といったエンリッチメントパネルオプションを選択するプロセスを概説しています。

ビデオを見る
DNA Amplicon
DNA Amplicon

アンプリコンの超深層シーケンスは効率的なバリアントの同定と特性評価を実現します。加速化されたライブラリー調製は、バイアス減少PCRを使っており、ゲルフリーのため、1日以内高品質のライブラリー調製を可能にします。メカニカルDNA断片化とアダプターライゲーション。

使いやすくて一貫性のあるところが、その二大特性でした。ノーマライゼーションは正確でした。これらの特性を備えた[Illumina DNA Prep]は、従来の当社のソリューションよりも優れた選択と言えます。

主要研究者、がん研究センター

DNAライブラリー調製一覧

アプリケーション 全ゲノムシーケンス 全ゲノムシーケンス DNAエンリッチメント - UMI無し
ハンズオンタイム 〜45分 1〜1.5時間 〜2時間
ターンアラウンドタイム 〜1.5時間 〜3、4時間 〜6.5時間
インプット 25 ng 〜 300 ng 1 ng 〜 500 ng 10 ng 〜 1000 ng
自動化 あり あり あり
PCRプロトコール なし あり あり
ライブラリー定量は必要ですか? なし なし なし
断片化は含まれていますか? あり– オンビーズ あり– オンビーズ あり– オンビーズ
製品 Illumina DNA PCR-Free Prep Illumina DNA Prep Illumina DNA Prep with Enrichment

実験に適したDNAキットを選ぶ

アプリケーション 製品 利点
Human DNA WGS Illumina DNA PCR-Free Prep
  • PCRデュプリケートを回避する
  • ライブラリー定量不要
ローインプットでのDNA WGS Illumina DNA Prep
  • ローインプット
  • ライブラリー定量不要
  • 高いパフォーマンスデータ
UMI無しDNAエンリッチメント Illumina DNA Prep with Enrichment
  • 迅速なエンリッチメントのワークフロー
  • 機械的断片化の代わりになるオンビーズ断片化

タグメンテーションの利点

ビーズリンクドのトランスポソームタグメンテーションは、当社のライブラリー調製ポートフォリオで利用されている革新的なテクノロジーです。gDNAの同時断片化とイルミナシーケンスプライマーの追加により、オンビーズタグメンテーションは、シーケンス用ライブラリーを、以前よりも迅速に提供できるようになりました。補助の試薬や設備無しでライブラリーをノーマライズする。ターンアラウンドタイムと複雑性を減らす。

詳細はこちら

アダプターライゲーションを理解する

NGSライブラリー調製で利用されている主なその他のテクノロジーは、一貫性、高品質データで名高いアダプターライゲーションです。ライブラリーは、gDNAまたはcDNAサンプルを断片化し、両方の断片の端に特製アダプターをライゲーションして調製されます。これらのアダプターには、シーケンスプライマーハイブリダイゼーションサイトの完全な補完が含まれています。これにより、インデックスタグやインデックスプライマーサイトを追加するPCR追加ステップの必要性がなくなるので、プロセスの完全な自動化が可能になります。

詳細はこちら

Frequently Purchased Together

注目のDNAライブラリー調製アプリケーション

Illumina DNA Prepを用いたヒト全ゲノム解析

血液、唾液、またはゲノムDNAから、ヒト全ゲノムシーケンス(WGS)の均一カバレッジを可能にするライブラリー調製。

Illumina DNA Prepを用いた微生物全ゲノム解析

ライブラリー調製は、均一カバレッジを提供し、そしてウイルスやバクテリア、その他の微生物種のゲノムアセンブルを向上させます。

Illumina DNA Prep with Enrichmentを用いた全エクソーム解析

ライブラリー調製、ユニークデュアルインデックス、そしてハイブリッドキャプチャー法のエクソームコンテンツとの組み合わせ。

Illumina DNA Prep with EnrichmentとDRAGENを用いたがんエクソームシーケンス

Illumina DNA PrepとDRAGENの解析パワーをエクソームシーケンスと合わせることで、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)腫瘍サンプルにおける簡潔で、効率的、高精度のバリアント解析の実現を可能にします。

イルミナのライブラリー調製を最大限に活用できる方法をエキスパートにご相談ください。

お客様のニーズに合わせてご提案いたします。

DNA Methods Poster

NGSのDNAライブラリー調製技術の図解回路図を見て、イルミナライブラリー調製キットプロトコールの簡易図を確認する。

Posterを見る

DNA Methods Review

これらの方法のうちの1つを試す、あるいはオリジナルの方法を考案する。プロセスステップをいくつか追加すれば、幅広い科学的な疑問に対応できます。

PDFを見る

関連ソリューション

インデックス

ラン毎のシーケンスサンプル数を増やし、ユニークデュアルインデックスアダプターを使用して、ハイスループットシーケンスを最適化。

分子バーコード(UMI)

分子バーコード(UMI)は、エラー補正と正確性を可能にし、バリアント検出の感度を高めながら、偽陽性のバリアントコールを減らすことができます。

自動化

当社のパートナーは、ハイスループットとロースループットの両方で、自動化メソッドを開発し、ライブラリー調製ポートフォリオを拡大しています。

DNAシーケンス

DNAシーケンスは、さまざまな方法で小さなターゲット領域またはゲノム全体に適用できるため、研究者は健康状態と疾患を調査しながら理解を深めることができます。

製品選択ツール

ライブラリー調製キットセレクター

ニーズに応じたシーケンスライブラリー調製キットまたはマイクロアレイを見つけてください。手法、生物種などでキットをフィルタリングする。キットを比較、共有、注文します。

適切なキットを見つける
シーケンス手法を詳しく見る

DNA低レベル検出、再配列、マーカー、タンパク質間相互作用、DNAタンパク質相互作用のライブラリー調製手法を詳しく見る。

最適な手法を見つける