Skip to content
演者1
SpeakerPhoto-MarkShackleton

植松 隆 様 Takashi Uematsu
ナノストリング テクノロジー
リージョナルマーケットマネージャー

 

演題1

『組織微小環境の形態主導の高空間分析』
 

【要旨】
腫瘍微小環境(TME)における免疫組織の空間的特性は、免疫細胞と腫瘍細胞の関係を理解するために不可欠です。ただし、限られたサンプルを使用して高度に多重化された方法でこのような研究を行うことは困難であることが判明しています。
この満たされていないニーズに対応するために、単一のFFPE組織切片の異なる場所にある数百もの腫瘍および免疫タンパク質を同時に分析するように設計された、イメージングおよび組織サンプリングプラットフォームを開発しました。
この能力を補うために、私たちは最近、同じFFPEサンプルタイプでNGSシーケンスプラットフォームを使用して何千もの転写産物をプロファイリングできるRNA検出化学を開発しました。デジタル空間プロファイリング(DSP)と呼ばれるこの新しい技術を使用して、腫瘍の微小環境での免疫状態の体系的な調査を可能にする腫瘍内の定義された関心領域の多重化タンパク質およびRNA分析を示します。

演者2
SpeakerPhoto-MarkShackleton

小林 孝史 Takafumi Kobayashi
イルミナ株式会社
シニアアプライドゲノミクススペシャリスト

 

演題2

『次世代シーケンサーにより高解像度の空間的プロファイリングを可能に』
 

【要旨】
今まで、遺伝子発現研究のほとんどが、多くの細胞からなるバルクサンプルに対して、定量PCRによる比較やマイクロアレイや次世代シーケンサー(NGS)を用いた解析などでした。ごく最近になって、同じサンプルの細胞における多様性を明らかにするために、一つの細胞のトランスクリプトーム(シングルセルトランスクリプトーム)から作られたNGSデータを用いることが急増しています。今では空間トランスクリプトミクスを使用することにより、一般的な組織構造のスライド上における特定領域の遺伝子発現プロファイルを観察でき、微小環境の違いに対する考察が可能になってきています。NGSを用いることで、二次解析のための高品質データを提供する一連の業界標準のシーケンス装置とシーケンスケミストリーを通して、高解像度で、ハイスループットの方法を実現します。本日は、空間トランスクリプトミクス研究のための実験計画や装置の選択を行う際に必要な製品情報を提供いたします。

発表資料

植松 隆 様
ナノストリング テクノロジー
リージョナルマーケットマネージャー
組織微小環境の形態主導の高空間分析

小林 孝史
イルミナ株式会社
次世代シーケンサーにより高解像度の空間的プロファイリングを可能に

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2020/06/09
Location
Japan
Asia
Topic
Cellular and Molecular Biology
ウェビナーを見る

ご登録情報は、共催会社であるNanoString Technologiesと共有いたします。弊社個人情報の取り扱いについては、イルミナプライバシーポリシーをご確認ください。NanoString Technologiesの個人情報取り扱いについては、NanoString Technologies Privacy Policyをご確認ください。