わずかな法医学サンプルから遺伝子データを抽出

行方不明者のミトコンドリアDNA分析

イルミナの次世代シーケンス(NGS)はミトコンドリアDNA(mtDNA)解析を変える可能性があります。当社の技術は、1塩基合成反応(SBS)に基づいており、迅速な結果および対象領域のディープカバレッジを実現しています。より明確なヘテロプラスミー解析およびより優れた解像度での混合サンプルデータを提供します。

検視官や監察医のラボでは、mtDNA解析により、低品質でわずかな量の法医学サンプルから遺伝子データを抽出することができます。ヒトの体のあらゆる細胞には何千ものmtDNAのコピーが存在しますが、異なる組織で確認されたコピーがまったく同じとは限りません。ヘテロプラスミーと呼ばれるこのようなミトコンドリアDNAの変異により、法医学検査で行う同定に必要となるサンプル関連性の確認が困難になります。

行方不明者を特定するmtDNA解析

1回のシーケンスで96個のサンプルをインデックスできるMiSeq FGxシステムにより、このプロセスを変える潜在能力を、イルミナのSBSは秘めています。このシンプルなワンストップワークフローにより、結果が迅速に得られ、検査をスピードアップすることができます。

当社の次世代シーケンス(NGS)技術は対象領域のディープカバレッジも提供します。NGS技術により、最近では何千年前のヒトサンプルを解析し、はるか昔に亡くなった個人に隠された情報を解明することが可能になりました。

併せて、イルミナのNGS技術ではさらに深いリードが可能なため、1%以上のマイナーアリル頻度(MAF)でヘテロプラスミーを精確に検出することができます。この結果、ヘテロプラスミー解析がより明確になるだけでなく、混合サンプルからより優れた解像度でのデータが得られます。

mtDNA解析について、イルミナはMiSeq FGXでNextera XT DNA Library Prep Kitを使用する際の推奨ワークフローを提供します。

ヒトmtDNA D-ループ超可変領域の調製、シーケンスおよび解析
mtDNA D-ループプロトコールをダウンロードする

ヒトmtDNAゲノムの調製、シーケンスおよび解析
mtDNAゲノムプロトコールをダウンロードする

下のクリックしてワークフローの各ステップで使用する製品をご覧ください。

DNA抽出および定量

イルミナでは、お客様が実施されている既存のDNA抽出法および定量法の使用を推奨しています。イルミナは上記のステップに関する製品を提供しておりません。

電子メールにて法医学ゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

mtDNAのディープシーケンス
mtDNAのディープシーケンス

MiSeqシステムでは、mtDNA超可変領域のシーケンスにより、白骨化した遺体の身元を確認できます。

PDFにアクセス
MiSeqでのmtDNA解析
MiSeqでのmtDNA解析

MiSeqは法医学mtDNAサンプルの解像度を向上させます。

ウェビナーを見る
二つのプラットフォームに関する報告
二つのプラットフォームに関する報告

Roche社GS JuniorとイルミナMiSeqシステムを比較したISHI 24ポスターをご覧ください。

PDFにアクセス