宿主ゲノムと病原体ゲノムにまたがる変位を試験

感染と蔓延に至るメカニズムをより正しく理解

分子疫学

分子疫学は、感染、蔓延、そして予防に影響を及ぼす宿主と病原菌の中の変位を始めとする、疫病の遺伝学的基礎を同定するためのプロセスを説明します。分子疫学研究者は、通常、病院における感染予防や疫学調査を支援するために、感染源の判定、感染経路の追跡、それに毒性や薬剤耐性の原因となる遺伝子の同定にフォーカスします。

次世代シーケンサー(NGS)は、検出のために、複数の分離株の高度に正確で仮説の不要な解析を可能にし、生命体を同定して抵抗性や毒性を検査するための複数の試験に置き換わります。一方、病原体の同定および特性化のための従来の方法は、一連の仮説により導かれ、限られた数の生命体のみのために最適化されます。

ヒトマイクロバイオーム解析

分子疫学特集記事

 
エボラウイルス感染拡大の研究に使用されるiSeq
エボラウイルス感染拡大の特性化

携帯可能なiSeg 100システムは、広範な疫学的所見を組み合わせて、現場の研究者が伝染パターンを解析し、感染拡大の起源を追跡することを可能にします。

記事を読む
緑膿菌
バクテリアのゲノム解析による感染のサーベイランス

医療関連感染は医療上の重大な問題です。感染拡大の検出は、包括的な単離識別と特性化を通して可能になります。

アプリケーションノートを読む
コロナウイルス
コロナウイルスの特性化と管理に役立つイルミナシーケンサー

イルミナNGSは、New England Journal of Medicineに掲載された通り、他のテクノロジーと組み合わせて、SARS-CoV-2コロナウイルスゲノムのシーケンス(配列決定)に使用されました。

記事を読む
COVID-19のシーケンス

NGS法を比較し、SARS-CoV-2を検出して特性化し、感染経路を追跡し、同時感染を研究し、ウイルスの進化を調査するためのソリューションを見つけます。 

詳細はこちら
COVID-19ソリューション

NGSの重要な優位性は、生命体(バクテリア、ウイルス、パラサイト)範囲の同定を可能にするゲノムシーケンスデータを、研究者が作成できることです。 ゲノム間変位の試験は、感染と蔓延に至るメカニズム、それに生命体の間の近縁性を判定するための系統樹解析をより正しく理解するための横断的研究を支援します。 

ゲノム全体のシーケンスデータを使用する、高分解能な病原体分類は、従前の数多くの方法では区別できなかった、生命体の識別を可能にします。

微生物のゲノム全体のシーケンスは、疫学研究者が、病気の起源を追跡し、発生を調査するという従来からの課題を打開するために役に立ちます。

病原性の変化の追跡

NGSがいかにして公衆衛生活動の力となるか、そしてカナダ、ブリティッシュコロンビアで結核の感染拡大を再構成するためにどのように使われたか、Jennifer Gardy博士が説明するゲノム疫学入門です。

記事を読む。次の発生の機先を制する

ビデオを見る
画像
感染症サーベイランス

NGSは、新規病原体を同定し、人畜共通感染症のリザーバーを研究し、さらなる感染を予防のための有効な戦略を支援します。

呼吸器病原体ID/AMRパネル

このNGSに基づくワークフローにより、呼吸器病原体および抗微生物薬耐性(AMR)アリルをターゲットとし、IDbyDNAの機能により簡素化されたデータ解析が可能になります。

COVID-19ソフトウェアツール

コロナウイルスの検出と同定の加速化、宿主応答研究の実行、サンプル追跡の簡素化、公開データベースへの貢献を無料で実施します。

Can Wastewater Surveillance Protect Public Health?
Can Wastewater Surveillance Protect Public Health?

Biobot Analytics is using wastewater data to predict COVID surges and other outbreaks

記事を読む
マイクロバイオーム研究の時代の到来
マイクロバイオーム研究の時代の到来

全ゲノムショットガンシーケンスとトランスクリプトミクスからは、研究者や製薬会社が創薬を精密化するためのデータを得ることができます。

インタビューを読む
Skis, Skincare, and More: Making Better Products with Algae
Skis, Skincare, and More: Making Better Products with Algae

Materials innovation company Checkerspot is using microalgae to create a sustainable alternative to petroleum

記事を読む
微生物ゲノムに関するニュースレター、事例研究、最新情報をお届けします。ぜひご登録ください。電子メールアドレスをご入力ください。
画像
獣医疫学におけるNGS

Tony GoldbergとSam Sibleyが、獣医学のための感染症疫学の進歩を、NGSがどのように推進しているかを論じます。

ウェビナーを見る
画像
NGSを使用するインフルエンザの追跡

MiSeqを使用してインフルエンザを追跡するために、タイのAFRIMSで開発された文化に依存しない方法をご紹介します。

PDFを読む
画像
中国におけるH7N9インフルエンザのサーベイランス

江蘇省疾病対策予防センターの専任研究者が、H7N9インフルエンザのサーベイランスにMiSeqをどのように使用したか、お読みください。

PDFを読む
微生物ゲノムおよび感染対策のためのNGS
薬剤耐性菌の疫学

研究者は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症の発生と蔓延を理解するためにNGSを使用します。

インタビューを読む
参考文献
  1. Prosperi M, Veras N, Azarian T, Rathore M, Nolan D, et al. (2013) Molecular epidemiology of community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus in the genomic era: a cross-sectional study. Sci Rep 3: 1902.
  2. FBurnham CA, Carroll KC (2013) Diagnosis of Clostridium difficile infection: an ongoing conundrum for clinicians and for clinical laboratories. Clin Microbiol Rev 26:604–30.
  3. Crawford DC, Goodloe R, Brown-Gentry K, Wilson S, Roberson J, et al. (2013) Characterization of the Metabochip in diverse populations from the International HapMap Project in the Epidemiologic Architecture for Genes Linked to Environment (EAGLE) project. Pac Symp Biocomput 188–199.
  4. Harrison EM, Paterson GK, Holden MT, Larsen J, Stegger M, et al. (2013) Whole genome sequencing identifies zoonotic transmission of MRSA isolates with the novel mecA homologue mecC. EMBO Mol Med 5:509–15.
  5. Smura T, Kakkola L, Blomqvist S, Klemola P, Parsons A, et al. (2013) Molecular evolution and epidemiology of echovirus 6 in Finland. Infect Genet Evol 16C:234–247.
  6. Pérez-Losada M, Cabezas P, Catro-Nallar E., Crandall KA. (2013) Pathogen typing in the genomics era: MLST and the future of Molecular Epidemiology. Infect Genet Evol 16C:38–53.