複数アプリケーションに対応するフレキシブルなシステム

iSeq 100システムはイルミナのNGSシステムの中で最も安価なモデルですが、DNAアプリケーションとRNAアプリケーションを簡単に切り替えられる柔軟性を備えています。

iSeq 100のアプリケーションと手法

ターゲットDNAシーケンスでは、選択した遺伝子群または関連遺伝子領域に焦点を絞り、コスト効率の良い体系的な変異検出を実現できます。iSeq 100システムでのターゲットリシーケンスでは、効率化されたワークフローを用いて精度の高い再現性のあるデータが得られます。iSeq 100システムは、専門家により選定されたコンテンツの固定パネルやユーザーが定義したカスタム遺伝子パネルなど、さまざまなNGS試験デザインに対応しています。

微生物の全ゲノムシーケンスは、新規微生物のゲノムのマッピング、既知微生物のゲノムフィニッシング、または複数のサンプルにわたってゲノムを比較するための重要なツールです。また、全ゲノムシーケンスは、正確なレファレンスゲノムの生成、微生物同定および他の比較ゲノム研究にとって重要です。

ウイルスの全ゲノムシーケンスは、新規微生物のゲノムのマッピング、既知微生物のゲノムフィニッシング、または複数のサンプルにわたってゲノムを比較するための重要なツールです。次世代シーケンサー(NGS)テクノロジーを用いたRNAシーケンス(RNA-Seq)は、転写物全体をアノテーションし、定量化するための標準的な手法となっています。

ターゲットRNA-Seqによる遺伝子発現解析

ターゲットRNAシーケンス(RNA-Seq)は、関心のある特定の転写産物に焦点を当てます。遺伝子発現を解析し、融合遺伝子を特定するのに使用されます。mRNAシーケンス(mRNA-Seq)では、正確で包括的な発現プロファイルを実現するため、既知と新規の転写産物を検出し、その存在量を測定します。

詳細はこちらから
16S rRNAシーケンス

培養を必要としない手法により、研究が難しい複雑な微生物または環境から得た細菌を同定および比較します。

詳細はこちら
ターゲット遺伝子パネル

ターゲット遺伝子シーケンスパネルには、関心のある特定の遺伝子にフォーカスした規定のプローブセットが含まれています。固定パネルとカスタムパネルの両方を利用できます。

詳細はこちら