開発か購入かのジレンマ

ラボが独自のバイオインフォマティクスツールを開発するのではなく購入することを選ぶ理由

インフォマティクスツールは開発すべきか、購入すべきか?

ラボ内にバイオインフォマティクス専門家がいる恵まれたラボでは、開発すべきか購入すべきかという昔からのジレンマがあります。 専門家が構築した自家製システムは必ずしも円滑なユーザーエクスペリエンスを考慮してデザインされておらず、ラボスタッフにとって使いづらいことがあります。 また、特定の目的のために構築されたインフォマティクスツールは、ラボのニーズの変化に合わせて拡張する柔軟性を備えていないかもしれません。

ゲノミクス、特に次世代シーケンス(NGS)で必要とされる短い時間尺度と拡大ワークフローには、ラボの特定のニーズに対処するために構成できるツールが必要です。 現在、多数のラボ情報管理システム(LIMS)がNGSに特化してデザインされており、ラボは独自のインフォマティクスツールを開発するより購入することを選択しています。

ラボでは多くの場合、ラボ内でのカスタマイズの利点に対して、定評のあるベンダーからのバイオインフォマティクスツールの購入に伴う条件を比較検討します。 ラボ内での開発費用はLIMSの購入費を上回ることが多く、またユーザーを考慮して開発された市販ソフトウェアの方がスタッフにとって使いやすい傾向があります。

ニーズの大部分を満たし、カスタマイズ可能な柔軟性があり、サポートが充実しているLIMSを見つけることができれば、購入する方がリソースをより有効に利用できることに多くのラボは同意しています。 最近購入を決めた複数のラボの体験談の詳細はこちら。

記事を読む

BaseSpace Clarity LIMSは、イルミナのラボ情報管理システムです。 ゲノミクスラボに特化してデザインされ、NGSに最適化されたBaseSpace Clarity LIMSは、装置と統合することにより、ラボでのサンプルの追跡と管理をサポートし、ラボ内の業務全体を効率化します。 BaseSpace Clarity LIMSは、ラボ内で開発された複雑なシステムとは異なりエンドユーザーを考慮してデザインされているため、幅広いラボスタッフによる利用が促進されます。

この製品について
ゲノミクスラボのためにカスタマイズされたLIMS
ビジネス仕様でラボを運営

インフォマティクスツールを開発すべきか、購入すべきかの検討の際には、ラボがいかに効率的に運営されているかが重視されるでしょう。 トップのラボ管理者からのアドバイスが記載されたインフォグラフィックをご覧いただき、費用削減、ターンアラウンド時間短縮、および顧客満足度向上を達成する方法の詳細をご確認ください。

インフォグラフィックはこちら
Alt Name

独自の解析アプリの開発は複雑で、時間がかかり、広範なバイオインフォマティクスの専門知識が必要になります。 独自のソフトウェアを開発することで、正確にカスタマイズされた仕様のデザインが可能になりますが、すぐ使えるツールはインフォマティクスの専門家ではなくても使える簡単な代替手段であり、事前の開発時間はかかりません。

イルミナは、BaseSpace Sequence Hubなどの使いやすいデータ解析ツールを幅広く取り揃えており、これらのツールではイルミナが開発したアプリや急成長しているサードパーティーアプリプロバイダーのエコシステムから提供されるアプリを利用できます。

インフォマティクス製品はこちら
電子メールにて最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
信頼度の高いNGSデータ管理
信頼度の高いNGSデータ管理

イルミナの専門家は、お客様のニーズを満たすのに最適なバイオインフォマティクスソリューションをラボでご使用いただけるようにサポートします。

詳細はこちら
バイオインフォマティクスプロフェッショナルサービス
バイオインフォマティクスプロフェッショナルサービス

個別コンサルティングでNGSデータ解析やIT基盤の導入や最適化を実現。

詳細はこちら
イルミナは一連のコンサルティングサービスを提供しています
イルミナは一連のコンサルティングサービスを提供しています

イルミナは、ラボでの迅速かつ簡単なNGSの導入や拡張をサポートするサービスをご提供しています。

詳細はこちら