時間を短縮し、年間サンプル処理数を増加

日常業務を自動化することで、ラボの運用効率が高まり、データ管理の負担が軽減します。

ラボオートメーション

ラボオートメーションソリューションは、ハイスループットなラボにおけるサンプルのターンアラウンド時間を大幅に短縮し、エラーのリスクを低減する役に立ちます。 ゲノム研究から大量のデータが生成される現在、効果的なデータ管理は非常に重要です。 ラボ情報管理システム(LIMS)は、自動化に役立ち、より高い再現性を実現し、人的ミスを最小限に抑え、生産性を高めることができます。

ラボオートメーションを導入すべきかどうか決める際には、サンプル追跡とデータ解析の自動化の選択肢についてご検討いただくとよいでしょう。 LIMSは、現在や将来のワークフローのために自動液体分注システムに対応していなければならないことがあります。 ラボオートメーションソフトウェアは、必要に応じてカスタマイズできる柔軟性を持ち、ラボスタッフが直感的に使用できるものでなければなりません。

オートメーションの導入により、ハイスループットのゲノミクスラボが直面することの多い一貫性や再現性に関する問題などに対処できます。 LIMSで実現できること:

  • サンプル追跡と標準化レポート作成
  • 自動化ライブラリー調製
  • 装置や自動液体分注システムのワークフローへの統合
  • サンプル、検査、および結果の包括的管理
LIMSの詳細はこちら
日常的なラボ手順を自動化する理由

複雑なワークフローの最適化とスループットの拡大にラボオートメーションソフトウェアがいかに役立ったかをLIMSの新規ユーザーが説明します。

インタビューを読む

イルミナは、ラボにおけるシーケンスのためのライブラリー調製の自動化を実現するために、自動液体分注システムの主要メーカーと提携しています。 各メーカーは、イルミナのさまざまな試薬に合わせて、プロトコール選択および実験セットアップの各ステップでユーザーを導くメソッドを提供します。 これらのラボオートメーションメソッドでは、お客様が独自のオートメーション手順を開発するのに必要な時間と労力が不要になります。

例えば、ユーザーは起動画面のボタンから目的のプロトコールを選ぶことができます。 ステップごとに説明が表示されるため、セットアップ中の予期せぬミスを予防し、初期条件を正しく設定できます。 サマリー画面はランを開始する前の最終確認の役割を果たし、ラボの誰でも装置を簡単に使えるようにします。

詳細はこちら

イルミナは、マイクロアレイ研究を行うラボのために、自動液体分注システムやアレイローダーなどのオートメーションパッケージをご提供しています。 これらのパッケージは、アッセイワークフローの効率化に役立ち、サンプル調製およびアレイスキャンの統合を可能にします。

詳細はこちら

イルミナのコンサルティングサービスでは、イルミナの経験豊富なチームとお客様のラボを直接おつなぎします。 ハイスループットのアレイ実験を実施する場合でも、生産規模シーケンスへと拡大する場合でも、イルミナの専用グローバルネットワークがお客様のラボオートメーションニーズをお手伝いいたします。 イルミナは、ハードウェアやソフトウェアの調達と最適化、ソリューションの構築、サードパーティーシステムの統合、および最終システムのトラブルシューティングでお客様をサポートいたします。

詳細はこちら
電子メールにて最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
SciLifeLabのスケールアップをサポートするラボオートメーションソフトウェア
SciLifeLabのスケールアップをサポートするラボオートメーションソフトウェア

スウェーデンのScience for Life Labは、高まる需要に対応するためにBaseSpace Clarity LIMSを導入しました。

ケーススタディはこちら
疾患研究のためのハイスループットゲノム解析
疾患研究のためのハイスループットゲノム解析

研究者はアレイとシーケンステクノロジーのパワーを使って、複雑な疾患の大規模解析を実施しています。

詳細はこちら