BaseSpace Cohort Analyzer

BaseSpace Cohort Analyzerでは、革新的な可視化ツールと解析ツールを用いて対象データとゲノムデータを統合し、一緒に解析することができます。

BaseSpace Cohort Analyzerを使用することで、100を超えるバイオインフォマティクスワークフローにアクセスして対象データとゲノムデータを集約し、解析することができます。学術センター、研究病院、製薬会社、バイオ企業、およびポピュレーションシーケンスセンターにおいては、バイオマーカーの発見や創薬を加速させ、長期的なデータや転帰データを追跡し、臨床試験のために被験者やコホートを比較することが可能となります1

BaseSpace Cohort Analyzerでは、以下のことが可能です:
  • 所有権のある患者情報をキュレーションされた公共コンテンツに統合して解析し、結果をより深く解釈する。
  • in silico試験を実施して、コンパニオン診断としてバイオマーカーの価値を評価する。
  • 細胞株から得られた統合ゲノムデータを使って薬剤ターゲットを評価する。
  • 研究のために疾患関連、分子分類、予後、予測、薬剤ターゲット、および治療情報に関して解釈済みの手動でキュレーションされた85,000を超えるバイオマーカーにアクセスする。
  • 臨床試験のレトロスペクティブ分析を行って予測バイオマーカー候補を特定する。
  • 治療に対して最適な反応を示す被験者をより多く臨床試験に組み入れるために登録基準を定義する。
  • 研究者および共同研究者がコンテンツおよび分析法にアクセスできるようにすることで、プレシジョンメディシンとポピュレーションシーケンスの取り組みをサポートする。
キュレーションされたデータへアクセス

幅広い適応症を網羅した、17,000を超えるサンプルが含まれる高度にキュレーションされた公開データセットおよびアクセス制限データセットの大規模な情報を探索することができます。(情報源:2017年2月20日Cohort Analyzer リリースバージョンv1.0.0-eea18c3)

バイオマーカーの発見と検証

多様な分子データ、臨床試験情報、および細胞株モデルを網羅してバイオマーカーを発見し、検証します。

各ヒト対象者と関連した包括的な臨床およびゲノム情報(時系列データなど)を統合し解析します。

受賞歴のあるインターフェースにより、インフォマティクスやプログラミングの専門家だけでなくあらゆるユーザーがコンテンツや分析法に簡単にアクセスできます。

セキュリティと品質管理

2013年と2015年にはHIPAAのセキュリティ管理に関して独立した第三者による監査に合格しました。

ISO 13485認証取得済み品質システムのもとで開発されました。

地域データセンターに対応しています。

製品はこちら

 

BaseSpace Cohort Analyzerは、以前にNextBio Clinicalという名称でリリースされていた製品です。

関連製品

BaseSpace Clarity LIMS

BaseSpace Clarity LIMS is a laboratory information management system that helps laboratories track samples and optimize procedures and workflows.


BaseSpace Sequence Hub

データの管理、解析、および共有のための経済的かつ強力なコンピューティング環境でバイオインフォマティクスを簡略化


BaseSpace Variant Interpreter

BaseSpace Variant Interpreterにより、ゲノムラボではヒトゲノムデータから生物学的に重要なバリアントを迅速に同定することができます。


BaseSpace Correlation Engine

BaseSpace Correlation Engineは、20,000を超えるゲノム研究から遺伝子、実験、薬剤、および表現型に関するデータに基づく答えを引き出し、お客様の研究をサポートします。