がんにおける染色体異常を同定

融合遺伝子、染色体転座、コピー数バリアント(CNV)を解析するテクノロジー

がんにおける染色体異常を同定

ゲノムの不安定性と染色体異常は、がんにおいて頻繁におこる特徴です。これらの構造的異常を理解することで、がんの病因における洞察を得ることが可能です。がんにおける染色体異常には、融合遺伝子、染色体転座、CNVなどが含まれます。

がんにおける染色体異常を同定するために、イルミナではアレイおよびシーケンスベースの手法をご提供します。

融合遺伝子は、染色体転座によっておこるがんでよく見られる染色体異常で、腫瘍形成において重要なドライバーであるとされています。ペアエンドRNAシーケンシング(RNA-Seq)は挿入配列の両端をシーケンスし、研究者は連続性のない配列を精度よく見極めることができます。

RNA-Seqについてもっと知る

メイトペアシーケンスは、構造変化を検出するためにデザインされています。大きなDNA断片の両端の配列に特異的な情報がわかることで、がんにおける染色体異常を迅速に検出し、構造変化や染色体ブレイクポイントの包括的な評価を行うことができます。

メイトペアシークエンスについて

マイクロアレイは、CNV、コピー数変化を伴わないLOH、低いレベルのモザイク、そしてがんサンプルの異種混合性などを捉えるのに最適です。細胞学的に関連のある数千以上の遺伝子が一度に解析でき、がんにおける染色体変異の包括的な理解を深めることができます。

アレイの詳細はこちら

アレイの詳細はこちらから
Infinium CytoSNP-850K BeadChipアレイ
  • 細胞遺伝学に関連する遺伝子の包括的なカバレッジ
  • 専門家が選定したコンテンツ1,2
  • 高い検出感度
詳細はこちら
iScanシステム
  • 最先端アレイスキャナー
  • 高いサンプルスループット
  • 業界をリードするデータ品質
  • 複数アプリケーションに対応する柔軟性
詳細はこちら
TruSeq RNA Accessライブラリー調製キット
  • FFPE組織からRNAシーケンスをする経済的なソリューション
  • 高感度を保持したままサンプル必要量を低減
詳細はこちら
Cytogenetic Analysis: From Arrays to NGS
アレイ+NGS 染色体研究

染色体異常や疾患との関連性を分析するラボ。

PDFを読む
Cytogenetics Expert Interview
細胞遺伝学の専門家インタビュー

Dr. Trilochan Sahooが、がんにおける染色体変異の検出にマイクロアレイを用いた細胞遺伝学検査について話しています。

PDFを読む
電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
サインアップ
Cancer Research Review
がん研究論文集

イルミナテクノロジーを利用した最新のがん研究論文の概要。

PDFを読む
Cancer and Immune System Research Review
がんおよび免疫系の研究論文集

腫瘍細胞と免疫系との相互作用を探索する最新のがん研究論文の概要。

PDFを読む
Arrays and NGS for Chromosomal Studies
アレイとNGSによる染色体遺伝学研究

染色体異常と疾患との関連性を解析するための最新技術を導入しています。

インタビューを読む
参考文献
  1. International Collaboration for Clinical Genomics (www.iccg.org)
  2. Cancer Cytogenomics Microarray Consortium (www.cancergenomics.org)